雨漏り・浸水を防ぐ対策はおこなっていますか|防水工事について

株式会社洲加本建装工業
0120-988-513 お気軽にお問合せください

防水工事

防水工事について

建物の表面に特殊な塗料で施工をすることで水を通さなくし、構造体に水を浸透させないようにすることが防水工事です。

防水の効果が低下していくことで、建物の塗装内部の構造体に浸水が起こり、腐食などにつながり様々なトラブルを引き起こす原因となります。

気が付いたら天井にシミができ、最悪の場合は雨漏りになることがあります。

雨漏りしてからでは手遅れの防水工事

防水の効果は10年が目安

防水材は他の塗料に比べると寿命は長くなっていますが、選定する材料の種類によって様々です。防水工事は10年を目安に検討した方が良いでしょう。

塗装の浮きや剥がれ、ひび割れなど

このような兆候が現れた時は経年に関係なく早期の防水工事による手当てが必要です。

シーリングの劣化

サイディングやサッシ廻りなどの目地にシーリング材を打っていますが、年数が経てば劣化し隙間や割れ・剥がれが生じます。

シーリングの効果は8年が目安

シーリング材は環境にもよりますが、やせてサイディングとの間に隙間ができたり、割れて剥がれたりします。8年くらいで一度チェックして下さい。

放っておくとこうなります

目地の隙間から雨水などが侵入し、外壁内部・断熱材に水が浸みてしまします。

防水工事の工事内容(塗装)

ウレタン防水

防水効果のあるウレタンゴムを流し重ねて硬化させることで、防水層の役割を持たせる防水工事です。様々な形状の場所でも柔軟に施工することができ、防水工事の中では安価などのメリットが多く、提案されることも多い施工法です。

ウレタン材は、非常に紫外線に弱くなっているので、トップコートを定期的に行うことで耐久性を上げます。

FRP防水

強度と耐久性に優れた繊維強化プラスチックを応用した材料で、耐水性・耐食性・耐候性などに優れていることが特徴です。繊維と樹脂で防水の膜をつくりだし、真夏に強い紫外線にさらされたり、冬場の屋上にも十分対応できます。
プールなどにも施される「FRP」は非常に丈夫なものです。

FRPはガラス繊維で触ると硬いのですぐに分かります。
触って柔らかいのは、ウレタン防水などです。

シート防水

塩ビシート防水工事とは、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける工法です。紫外線・熱・オゾンに対し優れた耐久性を持ち、耐候性に優れています。また町外も受けません。

単層防水のため工期も短く低コストで済み、また意匠性に優れ、
色や模様がプリントされたシートもあります。

ウレタン防水工事

施工概要工事内容:ウレタン防水塗装工事工事期間:4日間

施工前

施工後

FRP防水工事

施工概要工事内容:FRP防水塗装工事工事期間:3日間

施工前

施工後

シーリング工事

施工概要工事内容:シーリング防水工事工事期間:2日間

古くなった既存のシーリング材を撤去し、新たにシーリング材を打設します。
サッシ廻りなど既存シールを撤去できない箇所は現状の上に新たに打ち増しし目地を塞ぎます。

施工前

施工後

作業工程

表彰

アステックペイント表彰-加盟店部門(感謝状)-感謝状
アステックペイント表彰-加盟店部門(2017秋エリア)-施工実績大阪府第1位
アステックペイント表彰-営業マン部門-施工実績全国第2位
アステックペイント表彰-営業マン部門-施工実績大阪府第1位

よくあるご質問

対応エリア

対応エリアは関西一円

滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県(二府四県)にお伺い致します!!お気軽にお問合せ下さい。

紹介動画

動画一覧